SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

GOBE★BLOG 〜五辺宏明のつれづれ〜

STRUGGLE柔術イントラの五辺宏明(ごべ ひろあき)のブログです。
<< PINK MARTINI & SAORI YUKI『1969』 | main | orange pekoe『tribute to ELIS REGINA』 >>
WRENCH
ファイル008900010001.jpg
歌舞伎町のBLAZEというライヴハウスへ。このハコは初めて。思っていた以上に広かった。

21時過ぎに入場。TOKIEさんのバンド、unkieがやっていた。


続いてトリのWRENCH。
開始直後、フロアはまばらだったが、彼等のパフォーマンスは熱かった。気がつけば、踊り狂う客が次から次へと。
本当に素晴らしいライヴだった。



WRENCHは100回以上観ている。こんなバンド、他には無い。しかしそのほとんどは、オッチャンが叩いていた'03年までだ。
'01年から柔術を始めたことが大きい。柔術の練習や試合がメインになって、ライヴハウスから遠ざかってしまった。

現ドラマーのムロチンが加入した直後にライヴを観たが、ピンとこなかった。当たり前だ。新しい人間が入ったのだ。やってる側も観る側も違和感があるに決まってる。

その後も何度か観ている。変化し続ける彼等のライヴを観る度に、凄いな、格好良いなと思いながらも、物足りなさを感じる面もあった。


20周年となる今年5月の'90年代セットと、7月のオールタイムベストセットが(私にとって)区切りになったのだろうか。9月のLOFTもそうだったが、特に今回。現在進行形のWRENCHがビンビン響いた。
彼等の奏でる爆音に身を委ねながら、不意に「オレはWRENCHの進化についていけなかったんだ」と気づいてしまった。こちらが止まっていたという事実に軽いショックを受けたが、気づいたからこそ、追いかけることができる。追いかけなければ。
| - | 02:31 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
> あらた君

僕もメモってるんですよ。

でもあの頃のライヴって、日付まで覚えているものが結構あります。
当時のライヴハウスは、何か新しいことが起こりつつあるって感じがあって、毎回刺激的だったから。
| 五辺 | 2012/12/03 1:00 PM |

94年の5月7日、手帳で確認しました(笑)

ハイスタも飛び入りで出て、いっちゃんがsax吹いて
色んなメンバーでビヨンズとかアグノスティックフロントのカバーやったりした時ですね!

ところで、なんで日付覚えてるの?(笑)
| あらた | 2012/12/03 12:48 AM |

> あらた君

初めて颱風一家を観たのも、WRENCHと対バンだったときです。
WRENCHとMILKCOWを観に行ったHEAVEN'S DOORで、'94年5月7日。
「ライヴハウスでよく見かけるすげえ腰パンのあの人は、このバンドのベースなのか」って思ったことをよく覚えてます(笑)
| 五辺 | 2012/11/30 12:50 PM |

100回以上見ていても
更にまだ何かがあるなんて
素晴らしい体験じゃないですか!

俺もまたWRENCH見たくなりましたよー。



| あらた | 2012/11/29 10:18 PM |










http://gobe.struggle06.com/trackback/1064679